【Javascript】文字を文字コード(utf-16)で数値として操作する方法

スポンサーリンク

文字を文字コードで数値として操作する方法

文字を文字コードの数値として扱い、インクリメント、デクリメントで操作する方法です。

例えば、カタカナの”ア”を”イ”にしたい場合のコード例は下記です。

const char = 'ア'
const offset = 2

const charCode = char.charCodeAt(0) + offset
const newChar = String.fromCharCode(charCode)

console.log(newChar) //イ

charCodeAt()はutf-16文字コードのインデックスを返します。この数値に足したり引いたりすれば別の文字を取得することができます。

文字コードのインデックスから、実際の文字に変換するにはString.fromCharCode()を使います。今回の場合は”ア”より2つインデックスの大きい”イ”が得られます。

ちなみに、”ア”の次のインデックスの文字は小さい”ィ”です。

参考ページは下記

String.prototype.charCodeAt()
charCodeAt() メソッドは、与えられたインデックスに位置する文字の UTF-16 コードを表す 0 から 65535 の整数を返します(UTF-16 コードユニットは、単一の UTF-16 コードユニットで表現可能なコードポイントの Unicode コードポイントと一致しますが、単一の UTF-16 コードユ...
UTF8 3byte (e3)

未経験、異業種からIT業界に転身。フロントエンジニア。主にJavascript(React.js)をつかったWEBアプリ開発にたずさわる。
お仕事のご依頼はこちらから → genpsp10@gmail.com

psp7をフォロー
プログラミング
スポンサーリンク
psp7をフォロー
ハトらぼ

コメント