【Javascript】localStorageに保存、取得、削除

スポンサーリンク

localStorageに保存、取得、削除する

localStorageを使う機会はあまりなくなってきたかも知れませんが、たまに必要になる場合があります。

毎回使い方を調べるのもあれなので、基本的な操作について簡潔に書いておきます。

localStorageに保存

localStorageにデータを保存するコード例は下記です。

localStorage.setItem('token', 'ABC123');

引数はkey, valueの順で渡します。valueは文字列しか渡せないので、配列やオブジェクトなどを保存したい場合はJSON.stringify()を使ってJSON化したものを渡せばOKです。

localStorageから取得

localStorageからデータを取得するコード例は下記です。

let token = localStorage.getItem("token");

取得したいデータのkeyを指定して取り出せます。JSONを保存している場合、取得したデータをJSON.parse()で変換すればOKです。

localStorageを削除

localStorageからデータを削除するコード例は下記です。

localStorage.removeItem("token");

削除したいデータのkeyを指定して削除します。また、下のように書くと全てのデータを削除できます。

localStorage.clear()

localStorageの操作について、詳細は下記公式ページを参照してください。

Window.localStorage
localStorage プロパティはローカルの Storage オブジェクトにアクセスすることができます。 localStorage は sessionStorage によく似ています。唯一の違いは、localStorage に保存されたデータには保持期間の制限はなく、sessionStorage に保存されたデータ...

コメント