WordPressテーマCocoonでコードのフォントを等幅フォントに変更

Cocoonのコード表示を等幅フォントに変更

当ブログでも使わせていただいているWordPressテーマ、 Cocoonのコード表示についてです。

Cocoonでは素晴らしいことに、デフォルトでコード表示をハイライトするプラグインが入っています。エンジニアにとってはありがたい事ですね。

ものすごく簡単に綺麗なコードを記事にのせることができるので非常に重宝しています。

デフォルトのコード表示フォントは等幅じゃない

一つだけデフォルトの表示から変えたいところがあります。それはフォントが等幅フォントでないというところです。

等幅フォントでないと、プログラムコードは非常に見づらくなります。

// 等幅でないフォント
const mapDispatchToProps = dispatch => {
  return {
    clickBtnFromEdit: () => {
      dispatch(funcA(closeModalA))
      dispatch(funcB(closeModalB))
    }
  }
}

上が等幅でないフォントで書かれたコード。下が等幅フォントのコードです。

// 等幅のフォント
const mapDispatchToProps = dispatch => {
  return {
    clickBtnFromEdit: () => {
      dispatch(funcA(closeModalA))
      dispatch(funcB(closeModalB))
    }
  }
}

なんとなく下の方がゆとりがあって読みやすくないでしょうか。

等幅フォントは全ての文字が同じ幅をとるので、詰まった感じにならずコード表示には最適です。

Cocoonでデフォルトフォントを変更する

Cocoonでデフォルトになっているフォントは、Cocoon設定では現状変更できないので、子テーマのstyle.cssに追記することで変更します。

WordPressの管理画面で外観→テーマの編集を選びます。

wordpress1

テーマファイルからスタイルシートを選択し、「子テーマ用のスタイルを書く」の下に追記します。

wordpress2

下のコードをコピペして保存してください。

/* コードのfontを変更 */
pre  {
    font-family: "CourierNew", "Consolas", "Courier", monospace;
}

これで、preタグで囲まれたコード内のフォントが等幅になります。Cocoonではコードハイライトしたい部分にはpreタグ内に書くことになっているため、そこにcssを当てています。

参考記事

How to use specific font with highlight.js
Updated with the proper link to the example I am using a Hugo theme that comes with bundled with CSS and uses Highlight.JS for syntax highlighting. The web pag...

コメント