【Laravel】Seeder実行で”Class TableSeeder does not exist”エラーになる場合

スポンサーリンク

Seeder実行で”Class TableSeeder does not exist”エラー

Laravelでseederを実行しようとして、”Class TableSeeder does not exist”と言われて実行できない場合があります。

ファイルは確かに存在しているのに、なぜ?と思ったら、下記コマンドを実行してみてください。

composer dump-autoload

Laravelはオートロードという仕組みでファイルを簡単にrequireできるようになっているのですが、そのautoloadファイルを再生成するコマンドです。

新しくseederファイルを作成したらこのコマンドを実行しないといけないのですが、忘れていてエラーになることが多いです。一度試してみてください。

未経験、異業種からIT業界に転身。フロントエンジニア。主にJavascript(React.js)をつかったWEBアプリ開発にたずさわる。
お仕事のご依頼はこちらから → genpsp10@gmail.com

psp7をフォロー
プログラミング
スポンサーリンク
psp7をフォロー
ハトらぼ

コメント